中学生の皆様へ
在校生の皆様へ
卒業生の皆様へ

学校案内 > 校長あいさつ

校長あいさつ

千葉聖心高校は
「聖心・努力・奉仕」の心を持った
生徒の育成を目指します。

校長 山岸 信和

千葉聖心高校

千葉聖心高等学校は昭和54年に設置されましたが、その源は昭和22年に増田うめ先生により設立された千葉洋裁学院でした。第二次世界大戦後、たくさんできた学校の中で、この学校は千葉では「お行儀のよい学校」として評判の学校(卒業生の話)でした。創立者「うめ先生」の学校教育は当時から社会的に高い評価を受けていたのでした。
時代は変わって平成の世の中になりましたが、創立者増田うめ先生の「礼儀正しく社会で活躍する女性」を目指した教育方針は、千葉聖心高校に今も連綿と受け継がれています。

キャリアデザインができる力を

『キャリアデザイン』とは、職業を始め、人生の様々な場での自分の生き方を設計する事を言います。
 本校でも、自分を知り、仕事や社会を知った上で、将来の目標を見つけ、それを実現するための道筋を考える進路指導に力を入れています。
 それは、生徒の皆さん自信にキャリアデザインができる力を養って、夢を実現してほしいからです。

積極的に学校活動を!

学校は若者がより良く成長するためにあるのですから、積極的に授業に、部活動に、学校行事に参加して下さい。自ら加わっていけば何をしても楽しくできるはずです。他人から強いられたりいやいや参加したのでは、同じことをするのでも楽しさが半減するばかりでなく、良い結果も期待できません。一人で引っ込んでいないで、友達と一緒に積極的に様々な活動に参加していこうという気持ちさえあれば、楽しい学校生活が送れるはずです。
いろいろな人がいる学校でそのような毎日を送ることができれば、社会の中でも自分の仕事を受け持って人の役に立つ人になれます。

わかりやすい授業

千葉聖心高校には『TOMO学』という学習活動があります。先生が説明してくれるだけでなく、問題を皆で協力しながら解いたり課題を話し合いながら理解したりする授業です。学校としては、個々人が問題解決や課題理解ができるようになるだけでなく、すべての生徒が理解したり問題解決できるようになること,級友と共同作業をすることで対人関係を結ぶ力を強化したり、他人との関係を調整する力を強くすることを目指しています。

 人は一人では生きていけませんので、必ず周囲の人と話し合いながら行動する必要があるのですが、様々な人の中で何事も手を取り合ってうまくやっていくことは、言うのは簡単なのですが実際は大変難しいことなのです。しかし、他の人と協調しながら活動することは社会生活をする上で不可欠なことですので、若いうちに十分な訓練を積んでおく必要があります。我が校はそのことを意識しながら授業を進めていますので、きっとうまく社会に溶け込める若者に成長できるものと思います。

基礎を確実に

小学校でも中学校でも学習内容を全部理解して身につけてしまう人はいません。誰でも大なり小なり学びきれなかった部分を持っています。学び残した量は人によって大きく異なりますが,そのままにしていては高校の勉強をその上に積み重ねようとしてもうまく重ねることはできません。基礎をかためることは、勉強を続けるために欠かすことのできないことなのです。

高等学校の勉強は、その元になっている中学校で勉強したこと、さらに中学校の学習の元になっている小学校の学習内容が確実に身についていなくては難しいものになってしまいます。
何となく学び残したものと言っても、それが何かは分かりにくいものです。しかし、はっきり分かるのは「試験でできなかったもの」があれば、少なくともそれは学び残したものに間違いありません。それ以外にもあるはずですので,まず何が十分でないのかを調べることから始めなくてはなりません。
 教科別・学年別に一通り問題を解いてみましょう。できたところはOKです。できないところをチェックしておいて,参考書を見ながら勉強して,理解できたらもう一度問題を解いて確認しましょう。できればOK,できなければやり直しです。どうしても分からないところは先生に聞いて分かるようにしましょう。

目の前の一歩が分かれ道

一つ一つ勉強を重ねることは努力のいることです。勉強をしなければならないと分かっていても楽しい遊びに誘惑されることもあるかも知れません。勉強に限りませんが、するべきことをした時としなかった時では、するべきことをした後のすがすがしさに比べて、手を抜いてしまった時の後味の悪さといったらありません。

良きにつけ悪しきにつけその瞬間(その時間)が積み重なったものが一日です。一日は一月になり、やがて一年になります。一年一年がつながって一生になります。
生きていくとか人生を送るとかいうことは何か漠然としていて難しいことのような気もしますが、実は何も難しいことでなく、今をどう生きるかが人生そのものといって差し支えないでしょう。ですから、今を大切に生きることができれば充実した良い人生を送ることができますし、逆に、瞬間瞬間を少しだけだからといつも無駄に過ごしてしまうと後悔する人生を送ることになります。

人生には大きな分かれ道になる出来事もありますが、普段の一瞬一瞬の小さな小さな分かれ道を良い方向に進むことが大切なのです。小さな赤ん坊は自分で動けませんし考えることもできませんから、自分の方向を選ぶ力などありません。だんだん良し悪(あ)しが分かってきて判断ができるようになってくるのですが、大人になるまでには確実にできるようにならなければなりません。皆さんはそれができなければならない時期に差し掛かっています。安易な方向に引っ張られないように、常により良い方向に進むように努力して充実した人生を歩んで下さい。

人のために

誰しも一人で生きていかれないことは前にも述べましたが、多くの人の中で過ごす時、お互いに気持ちよく生きていかれなければなりません。人から大切にされずに、意地悪をされたり無視されたり、あるいは暴力を受けたりしたのでは楽しく生きていくことはできません。周りの人などいない方が良くなってしまいます。そのようなことになっては大変です。

自分がそのような目にあわないようにしなくてはいけませんし、人にそのような思いをさせてもいけません。自分の身を守ると同時に、友が苦しんでいたら一緒に悩んで助けてあげましょう。
 自分が社会の一員であることを考えれば、他人から自分を大切にしてもらうことは自分も他人を大切にすることに他なりません。
「奉仕」は人のために働くことですが、ひいては自分のためになることに違いありません。皆が互いに人のために働くことができたら、この世はすばらしく楽しい所になるはずです。自分の力を自分のためだけに使うのではなく、一部は周囲の人のために使って欲しいと思います。その心がけがあなたの人生を必ず豊かにしてくれます。

楽しい学校

新入生と面接をしていると、口をそろえたように学校は楽しいと言います。「学校の何が楽しいのですか?」と聞き直すと、友達、授業、クラスの雰囲気がいいと言います。女子だけのクラスは安心で居心地がよいのだそうです。生徒が学校で楽しく生活できることは素晴らしいことです。学校は若者が成長するためにあるのですから、積極的に学校活動に参加して楽しい高校生活を送りましょう。
 15才から18才という高校時代、人生の中で最も多感な時期に楽しく充実した日々を送って、素晴らしい人生の基礎を築いてくれるよう祈ります。